Recursive News Japanese

ESG経営オールインワンダッシュボード「Dataseed」のα版をリリースいたしました

株式会社Recursiveは、CO2排出量を算出・可視化はもちろん、企業のESG評価も可視化するダッシュボード「Dataseed」のα版をリリースしたことをお伝えいたします。

  • 背景
世界的に脱炭素社会に向けた動きが加速する中で、大企業を中心に、環境・社会・ガバナンスに配慮したESG経営の取組みが進んでいます。そのなかでもCO2排出量の算出や開示は避けて通れないものになりつつあり、サプライチェーン上のCO2排出量の算出・可視化をするようなサービスも増えてきています。

しかしながら、ESG経営の観点では、環境面のみのデータの算出・可視化だけでは経営のインパクトは測定できません。さまざまな観点からESG項目における自社の状況をタイムリーに把握し、施策を実行する必要があります。

そこでRecursiveは、CO2排出量の算出・可視化はもちろんのこと、ESG項目の自社状況も可視化できるESG経営オールインワンダッシュボード「Dataseed」のリリースに至りました。まずはα版として、一部の機能のみにフォーカスし、リリースしております。

α版リリースとともに、webサイトもオープンしております。
Dataseedのサービスサイト:https://dataseed.jp


  • Dataseedの特徴
1. CO2排出量をサプライチェーンも含めて可視化
GHGプロトコルのScope3にも対応。個社ごとの要求に合わせてフルカスタマイズで対応ができ、1つのプラットフォームで連結対象会社の状況も把握できます。国ごとや業界ごとの分析も可能です。
Dataseedを使うことで、いままでCO2排出量の把握のために費やしていた時間を、大幅に短縮できます。

2. CO2だけじゃない。ESG評価状況も計算
多くのシステムはCO2排出量の可視化に注力していますが、持続可能なビジネス発展のためには、CO2以外のESG評価も可視化することが必要不可欠です。Dataseedなら、自社のESG評価をチャートで可視化できます。
これにより、CO2排出量も含めた、サステイナブルなビジネスの発展に注力いただけます。

3. 複数のデータソースから簡単にデータの収集ができる
多くの事業部や、連結会社・関連会社を有する企業では、扱っているデータソースがバラバラなことも多くあります。
Dataseedなら、散らばったデータベース、紙のドキュメントやエクセル、またIoTデバイスなどからデータを集めて統合可能。
手間をかけずに現在の状況が把握できるため、施策に力を注いでいただけます。

4. 先端AIを駆使した改善提案・レポート作成
進捗状況を把握して、CO2排出削減やESG評価を改善するためのヒントや、推奨事項をAIが自動的に提案します。またレポート作成も自動化することで、担当者は分析に時間を使わず、施策に時間を使っていただけます。
もう外部コンサルタントに費用をかける必要はありません。

  • α版の機能について
前述の通り、DataseedはESG評価もできるのが大きな特徴ですが、多くのクライアント様から、一部の機能だけでも早くリリースしてほしいという要望を多くいただき、一足先にα版をリリースする運びとなりました。
α版では、一番要望が多いCO2の排出量の算出・可視化にフォーカスをしております。ESG評価の部分は並行して開発をしており、後日発表という形になります。
今後の開発予定やスケジュールについては、随時ご案内させていただきます。ご興味のある方は、webページからお問い合わせください。
Dataseedのサービスサイト:https://dataseed.jp

リリース詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000078033.html