持続可能な開発目標(SDGs)
Recursiveのコアミッションは、SDGsの解決に貢献することです。
SDGs
国連は、持続的な経済成長と生態系や社会の保護を両立させるというビジョンに合わせて、今後10年間の目標を提案しています。持続可能な開発目標(SDGs)と呼ばれる17の目標は、貧困の削減、医療、教育、男女共同参画など、さまざまな課題を網羅しており、同時に地球の自然環境を保護することを目的としています。
科学雑誌「Nature Communications」に掲載された2020年の研究によると、AI技術は、17の持続可能な開発目標のほぼすべてにおいて、ポジティブに強い影響を与える可能性があることがわかっています。私たちは、AIが世代を超えた効率の飛躍をもたらし、ビジネスの運営方法を変革するとともに、SDGsの目標にポジティブな影響を与えることができる4つの主要分野を特定しました。
Recursiveは、日本のSDGsにはまだまだ改善の余地があると考えています。私たちは日本の企業や社会の方々との協業を通して、革新的な技術で日本のSDGs達成に貢献することを目指しています。
日本のペットボトル消費率は世界で2番目
日本の温室効果ガス(CO2)排出量は世界第5位
日本は一人当たりの年間食品廃棄量は世界第6位で、アジアでは最も悪い数字
日本のペットボトル消費率は世界で2番目に高いです。
日本の温室効果ガス(CO2)排出量は世界第5位です。
日本は一人当たりの年間食品廃棄量は世界第6位で、アジアでは最も悪い数字です。
パフォーマンス分析と目標設定
協業を成功させるためには、問題を正しく定義することが不可欠です。私たちは、パートナーの影響力を定量的に測定し、デザイン思考のアイデアを適用して、組織の目標を設定することを支援します。
技術的ソリューションの開発
世界トップレベルのAI研究所で働いてきた経験を持つ私たちは、AIの最新の開発状況を常に把握しています。私たちは、複雑な問題に対するシンプルなソリューションを開発することができます。
開発後は、パートナーが最小限の工数でソリューションを展開できるようにサポートします。また、常にモニタリングを行うことで、技術の偏りや悪用の可能性を未然に察知することができます。
デプロイメントとモニタリング
私たちのプロセス
Contact
ご不明な点がございましたら、お問い合わせください